BLOG

白髪が気になり始めてきたけど、お子さんが小さくて目が離せないので、なかなか美容院へ行くのって、ためらってしまうことって ありますよね。

美容院どころか、ヘアカラーさえも落ち着いてできませんよね。

それなら、白髪を上手に隠せたり、目立たなくさせる髪型ってないんでしょうか?
そんな髪型があれば、次の美容院の日まで乗り切れそうだと思いませんか?

この記事では、ちょっとした白髪隠しのテクニックを説明してみますね。

白髪が目立つのはどんな髪型?

ところで、これから白髪が目立たない髪型をご紹介しますが、その前に、白髪が一番目立ってしまう髪型って、どんなスタイルなんでしょうか?

その答えは、ストレート・ヘアーなんです。

その理由は、髪の毛が真っ直ぐで、綺麗に揃っていると、たとえ1本の白髪でもよく目立ってしまうからなんです。

白髪が目立たないカットの仕方

ストレートがだめなんて、いきなりレパートリーが減ってしまうではないか、と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

ストレートの人が白髪を目立たせないようにするには、カットのときにレイヤーを入れてもらうと良いです。

レイヤーを入れてふんわりさせる事で、陰影がついて、全体的に白髪が目立たなくなるんです。

白髪が目立たないスタイリングの方法

レイヤーカットで、全体的に白髪を目立たなくさせることはできますが、根元や生え際などの部分的な白髪を隠したい場合はどうすれば良いんでしょうか?

実は、ふだんのスタイリングの仕方を工夫することでも白髪を隠す事ができるんですよ。

ポイントは、分け目を作らないこと

前髪は頭のてっぺんから下ろして、軽く流して、ひたいを出さないようにします。
そうすることで、分け目だけでなく、こめかみなどの生え際の白髪が隠れるんです。

ただ、レイヤーカットを白髪が目立たないように、ふんわりさせる為には、ワックスを揉み込んで形を整えたり、軽いカールを作ったりしなくてはなりません。

白髪が目立たないヘアスタイルNo.1

それにしても、スタイリングって、ちょっと手間がかかってしまいますね。

もっと簡単で、白髪も気にしなくていい髪型があればいいんですが・・・。

毎日のスタイリングが簡単で、白髪が目立たないヘアスタイルは、パーマヘアーです。

パーマをかけると全体的に動きが出て、陰影が深くなるので、白髪がカモフラージュされるんです。

さらに、パーマのうねりで光が乱反射するので、光なのか、白髪なのかの見分けがつきにくくなり、効果的です。

自分でできる、白髪が目立たない髪型

だけど、いくら白髪が気になるからといって、パーマをかけるのはどうしても嫌、という場合はどうしたらいいんでしょうか?

そんなときは、ゆるふわウエーブヘアーがおすすめです。

パーマをかけずに、髪の毛を巻いて緩やかなウエーブを作る方法です。

ゆるふわウエーブは、普通コテやアイロン、カーラーを使いますが、ねじりや三つ編みで自然に作ることもできますよ。

やっぱりサラサラストレートがいい!

ただ、パーマをかけないとなると、やっぱりひと手間かかってしまうんですよね。

そもそも、ウエーブもエアーも好きじゃない、やっぱりサラサラストレートがいい場合はどうすればいいんでしょうか?

生え際や根元は、トップに分け目を作らずに垂らして、自然に流すという方法で乗り切ることができますが、表面の白髪がどうしても目立ってしまいますよね。

白髪隠しを諦めるか、好きな髪型を諦めるか、どちらか選ばなくてはいけないんでしょうか?

そんな事はありません。髪型だけでカバーできないときは、白髪染めを併用すればいいんです。

白髪染めって、2剤を混ぜたり、手袋をしたりして、少なくとも30分はかかってしまうものだと思っていませんか?

忙しい人には、ヘアカラー・トリートメントという方法もありますよ。

ヘアカラー・トリートメントなら、素手で扱えるし、時間も5分ですみますよ。

白髪を染める為に、特別に時間を作らなくてもシャンプーの延長線上で、染められるので簡単です。

ヘアカラーほど完全には染められませんが、使い続ければ色が落ちることはありません。

自分の好きな髪型のままでいられて、白髪隠しにヤキモキしなくていいので、気持が楽になりそうですよね。

すべてのヘアカラー・トリートメントが、5分で染められるわけではありません。

早染めができるタイプについて詳細を知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。
【髪萌ヘアカラーHATSUMOE】の口コミ|染まる&ヒリヒリしないってホント?

コメントは利用できません。