BLOG

最近、デリケートゾーンの臭いがキツくなってきた、おりものの量が増えた・・・。
以前はそんな事なかったのに!

不安になり婦人科を受診したけど、病気ではなく ただ雑菌が増えているとか・・・。

これって何なのでしょうか?
いくら病気でなくても、気になりますよね。

目次

悪化するとどうなる?

病院での検査の結果は、「雑菌が増えている」という答えでした。
だけど、この状況が悪化するとどうなると思いますか?

雑菌の増加で起こる病気

雑菌の増加で起きる病気は、「細菌性膣炎」や「膣カンジタ症」など。
どちらも、ふだんから膣の中にいる菌が異常繁殖することで発症します。

膣内が炎症を起こして、臭いのあるおりものが増える、痒くなる、かぶれる、痛むなどの症状が出ます。
そして、これらの病気は一度なってしまうと再発しやすいのが特徴です。
怖いですよね。

病気でなければ大丈夫なの?

デリケートゾーンの臭いや、おりものの量。
それは病気ではないけれど、病気の前兆ともいえるかもしれません。

病院は、病気になったら治療してくれるけど、予防に関しては あまり策を持っていなかったりしますよね。

だけど、病気に発展しないうちに何とか対処したいものです。

何が原因?

おりものの量が増えたり、臭いがキツくなるのは、膣内で雑菌が繁殖しているからです。

清潔にしているのに、どうして・・・?
と思いますよね。

そうなんです。
ほとんどのケースが、「清潔にしていない」という理由からではありません。

清潔でないのは「結果」であって、原因はもっと別の所にあります。

過剰に洗う必要はなかった!?

ところで「膣内はどうして清潔を保っていられるのか」不思議に思ったことありませんか?

じつは、膣内には自然の自浄作用が備わっていて、雑菌が中に侵入しないしくみになっています。
だから、ビデなどで過剰に洗う必要はないんです。

確かに陰部って、いちばん衛生面が気になる割には、いままで石鹸を使わずに来ました。
なんとなく、そういうものだと思っていただけなんですが、そういう訳だったんですね。

原因はまったく別の所に・・・

ところが、免疫力が下がると、その浄化作用が弱まってしまいます。

免疫が落ちる理由として、たとえば・・・

・ストレスや体調不良
・風邪などで抗生物質を服用
・肥満や糖尿病、ダイエットによる栄養不足 などがあります。

原因がいっぱいあって、誰でも1つくらいは当てはまりそうな感じですよね。

こういう理由が原因で、自然に備わっている膣内の自浄作用が機能しなくなって、
結果として雑菌が繁殖してしまうんです。

今すぐ出来る対処法は?

膣内には本来、自浄作用というものがあります。
膣の中には乳酸菌がいて、その乳酸菌が膣内を酸性に保っているから清潔が守られているのです。

ところが、抵抗力が落ちると乳酸菌も減ってしまい、そのせいで有害な雑菌が増えてしまいます。

なので、雑菌の増殖を防ぐには、膣内を正常な酸性の状態に戻してあげることが改善の近道です。

それには、膣洗浄器【インクリア】が最適だと思います。
従来の携帯ビデと違い、直接ジェルを注入することで膣内環境を正常にする手助けをします。

産婦人科と一緒に開発された医薬品ジェルで、口コミで大評判です。

ソフトな処方なのに即効性があるので、幅広い女性たちに支持されているようです。

自浄作用が正常に働きはじめたら、臭いは気にならなくなると思います。

アウトサイドのケアは?

それから、デリケートゾーンの外側を洗うときも注意が必要です。

たいがいの石鹸はアルカリ性です。
酸性度が高いデリケートゾーンに使うと、pHバランスが崩れて臭いの原因になってしまいます。

石鹸で洗いたい場合は、デリケートゾーン専用のものを使う事をおススメします。

【コラージュフルフル泡石鹸】は弱酸性なのでpHバランスが守れるし、臭いの原因菌を抑制する処方になっています。

おりものの臭いには【インクリア】、外側の臭いには【コラージュフルフル泡石鹸】が向いています。

おりものは、女性にとって健康状態のバロメーターになるそうです。
日頃から観察しておくと、変化に気付きやすくなるので安心ですよね。

セルフケアのグッズも最近ようやく充実してきたようですが、評判などをチェックして失敗のないものを選びたいものですね。

コメントは利用できません。